HOME>イチオシ情報>コーティングは工事に該当する行為であることを知る

ワックスとコーティングの違いについて

塗装

今住んでいる住宅に長く住もうと考えているならば、早めにフロアコーティングを施しておくことをおすすめします。ワックスなどは素人でも簡単にかけることができますが、シリコンやガラスなどでコーティングを施すことは容易なことではありません。フロアコーティングとワックスで決定的に違う点は、ワックスが掃除の延長線上にある行為であるのに対し、コーティングは工事であるという点です。一度コーティングを施せばその床の保護はほぼ永続的に続くため、長く住み続けるほどお得であるといえます。こういった違いがあることを理解してコーティングの工事を専門業者に依頼すれば、日々の掃除もかなり楽になることでしょう。コーティングをすると床が傷つかなくなり、平滑な状態が維持されるのでほこりや汚れが簡単に除去できるのです。生活がとても楽で快適になるので、まだ何のコーティングも施していないのであればやっておくようにするといいでしょう。

かけるべき費用を考える

空き部屋

フロアコーティングと一口に行ってもシリコンからガラスまであり、それぞれ費用が異なってくるためどれを選べばいいのか判断がつきにくいです。違いとしてはウレタンとシリコンが安くて丈夫さ優先、ガラスやセラミックが見栄えも良くなるがかかる費用が高額となっています。基本的には昔から使われてきたウレタンやシリコンでフロアコーティングをすればいいのですが、ワックスと違って一度やると簡単にはがしたりすることができません。最初にやるフロアコーティングは家族でもしっかり話し合い、納得できるものにしていくことを心がけていきましょう。UVコーティングなども施されているとかなり長い間きれいな床となるので、よく考えて慎重に工事の発注をするべきです。

広告募集中